スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白井(シレイ)沢
- 2013/09/08(Sun) -
2年越しの計画であるが、なかなかうまくいかず、ここまできた。
先週は台風に翻弄され、今週もイマイチだが午前いっぱいはもって、午後も小雨程度で
すみそうということで決行。

夜叉神峠のPに着いた時間は深夜1時を回っていたが、やっぱり乾杯。
2時過ぎまで飲んでいたら30分寝坊。でも5時半の始発バスにギリで乗車。

バスを降りて6時半前に入渓
しれい橋の袂から沢に降り、崩れそうなガレた滝を一気に登るといい感じの沢になる。
河原歩きはほとんどなく、ずっと連瀑帯という印象。
登れる滝と巻く滝がハッキリしている。おまけに巻き道は明瞭で、登山道のようだ。
Y田さんの事前情報どおり。このペースでいけば日帰りの沢なのかもしれない。
8時半にハイライトの白い滝に来てしまった。
この直瀑は素晴らしい。登れないので右の花崗岩ザレザレスラブから巻くことになる。
途中のバンドを行こうとしたが、安全策をとってザレザレの上部から巻いたので、
結局ロープを出さずに沢に戻る。監督のルーファイが冴えていた。
二俣を右俣に進み、奥の二俣は両脇に幕営の跡があった。それなりのテンバである。
その先の大高巻きする滝はいつ出てくるのかと思っていたら、水が枯れてきた。
どうやら滝は埋まってしまったようだ。確かに新しい遡行図には無い。
最後は窪地から左に進路を取り、鳳凰特有のザレ場を詰めて昼前に登山道へ
薬師ヶ岳を経て、途中南御室小屋で大休止して夜叉神まで降る。
苺平を過ぎて雨がポツポツきたが、大したことは無かった。

水平10km標高差1300mの沢はずっと急傾斜で、どんどん高度を稼いでいく上、登れる
滝と登れない滝がはっきりしている上、巻き道が高速道路なので時間はかからない。
M中さんが、巻き道のルート取りの教材になりそうと言っていたが。新人さんには、
考えながら登ってもらえると良いかもしれない。

Ipon、Hra、Mnaka、Ktra
スポンサーサイト
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
魚沼駒ヶ岳 佐梨川、奥壁 第四スラブ
- 2012/06/03(Sun) -

魚沼駒ヶ岳の佐梨川、奥壁 第四スラブを登りました。
https://picasaweb.google.com/106269962001859579762/ogPK
P1000241.jpg
怒涛のランナウトⅢ+~Ⅳ+を各ピッチ60mメいっぱい
×7で中央バンドへ、その上は4ピッチⅤ+~A1、ボルト
7本埋めて(シンドイ)外傾テラスへ。
その日は、ツェルトでお座りBP。深夜から冷たい雨・・
翌朝も雨・・惜しいが、最終ピッチ(垂直でボルトが腐
っていて登れない)を残して、60mメいっぱい懸垂×10
で、雪渓、ボルト7本、ハーケン3本、シュリンゲ多数残
置となりました。壁を刳り抜いた恐い旧金鉱道を歩いて、
駒ノ湯、小出のトンカツ屋で〆ました。
■6月2日(土)~3(日)
■キノポン、H明
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
万太郎本谷はウォータースライダー
- 2011/07/24(Sun) -
O田さんを深夜ピックアップし、どうしても女性と行きたいという
リクエストから、K池パーティーとご一緒させていただきました。

天気予報は完全に外れ、土曜は陽射しもありました。逆に日曜の方が
ずっと曇り+霧でした。

初日はウォータースライダーやら水遊びでのんびり遡行
Mッチの一ノ滝リードがすばらしかったです。
てんばでは、我々のテントは立てず、タープにお邪魔させていただき
ました。かわいいマウスがちょこまかしていました。

翌日は、三ノ滝。一段目は自分がリードさせていただき、二段目は
Hッチに頑張ってもらいました。悪い方させてしまってごめんなさい。
肩の小屋でプシュッ!して、下山。
最後は誰とは言いませんが、禁断の掟破りをしてしまいました。
証拠の懺悔写真がございます。

というわけで、おやじフタリで湯檜曽行かなくて良かったです。

おしまい

タイムスタンプは以下のとおりです。

7/23 9:18 入渓
   11:00 オキドウキョウのトロで泳ぎ!
   12:00 SB1通過
   12:30 SB2通過
   13:00 一ノ滝下
   14:40 二ノ滝下
   15:00 てんば

7/24 7:10 行動開始
   7:30 三ノ滝下
   8:10 全員一段目上へ
   10:00 全員二段目上へ
   12:20 登山道へ
   12:25 肩の小屋
   13:00 下山
   14:00 天神平
   14:30 ロープウェイ山麓駅
   15:00 土合駅

O田、K池、Mッチ、Hッチ、Hデさん、Ipon
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤石沢は恵み豊かなところでした
- 2011/07/16(Sat) -

宿題の赤石沢にお邪魔してきました。
水量も少なく、天気もよく、メンバーも素晴らしく、
イワナと行者ニンニクという山の幸にも恵まれて、
かなーり楽しい山行でした。

7/16
朝の臨時便目指して早起きしたけど、長蛇の列のおかげで結局8時のバス。
9時に入渓し、水の少ない淵をガンガン突破。
ライジャケのO田さん、ちべたいのにすばらしいネバリでニエ淵を突破!
門の滝は左から巻き、行者ニンニクをGET!
洞窟探検はY田さんがフリーのはずがアブミ登りで突破!

赤岩の淵に16時に着き、手分けして宴会準備。
Y田さん、イワナ初GET!すばらしい!!
調子にのって何匹もGET!
おいらと合わせて12匹GET
でかいのは尺近くありました。
そいつは刺身にして、小さいのは骨酒にして、ふつうサイズは焼いて食べました。

7/17
大宴会のため、すっかり寝坊して8時に出発
大ゴルジュでは前半巻き道がよくわからずグダグダしましたが、途中から登山道
状態だったので、およそ1時間で突破!
あとは、ぐんぐん遡行して百間洞に
15m滝を巻くと源頭になり小屋には15時ぐらいに到着
早速行者にんにくをサカナに骨酒!
おいらの荷揚げした夕食はキャンして、小屋のビールとトンカツをGET!
Y田さんは疲れたのか、食事の途中に船漕いだので、
僕らは、ハイエナのようにビールとトンカツを横取りGET!
宴会はO田さんと二人、食堂で深夜まで!

7/18
曇空の快適天候の中、赤石岳を経由して下山。
椹島にて生ビで祝杯。13時のバスで帰りました。
白樺荘の温泉もなかなか良く、富士でスシロー行きました。
Y田さんと行くと、相変わらずグルメ山行です。

大潮+台風の影響で東名下りは通行止め。
すんごい高波でした!

O田、Y田、Ipon
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恋の岐川・・・ウォーターベッドは夢見心地
- 2010/10/10(Sun) -
2010年10月10日(日)~11日(月)

念願の恋の岐沢に行ってきました。

恋の岐沢


3連休の天気予報が悪くなり、東北の沢に転進(大深沢やSいさん
企画の虎毛とかで釣り三昧)も考えたが、直前の予報で、東北は
かえって悪くなり、会越の予報は、土曜は午前中はもって、雨の峠は
土曜の午後から日曜の朝まで、月曜は晴れということだったので、
予定通りに恋の岐を決行としたのだが・・・

土曜の早朝に目覚めるといきなり本降りの雨 (*.*)
「こんにゃろめ、気象庁のウソつき」と悪態ついても手遅れ。
すでにそれなりに降っているらしく、水たまりもできていました。
小出の道の駅は軒先で仮眠したので被害はありませんでしたが、
モチベーションダウン。Hぴろはすっかり温泉転進モード。
とりあえず、入渓ポイントまで行くことに。
水はそんなににごっていないが、雨が降ったりやんだり。
当初予定は午前中に本格的に降られる前に三角沢あたりまで前進
する予定でしたが、Hぴろがまったく気乗りせず、本日は温泉に
転進決定。
いずれにしろ土曜の午後から日曜朝まではそれなりに降りそう
なので、日曜の1泊2日で行くプランにダメモト変更。
Hぴろは日曜の朝も雨なら帰りたいと言っていましたが、日曜の朝
おきると雨が奇跡的にあがっており、決行。天はやっぱり味方??

入渓の時間が遅れたため、左岸の仕事道を使うことも考えたが、
あまり明瞭でもなさそうなので、沢沿いに遡行していく。
沢自体は小滝やゴルジュはあるものの規模は小さく、巻き道も
明瞭なので、どんどん距離をかせぐ。
ただ、腰から胸近くまでつかるところも多かった。
オツルミズと違って水温と気温が多少高かったので耐えられない
ほどではない。午後から小雨がパラついたりしてきたが、あまり
気になるほどではなかった。
オホコ沢を越えて、今日はトポや神田の記録にしたがい、快適な
テンバと書かれている標高1500mの二俣まで行くことに。
ところが二俣にはあるはずのテンバが無い!!
時間はもう4時半すぎ。付近をあっちこっち探すがみつからない。
結局もう雨はそんなに降らないだろうってことで5時半過ぎに
河原にはる。
高級うな丼と高級ワインと岩魚酒でおなかいっぱい。

ところが、夜遅くなって雨がわしゃわしゃ降ってくる。
23時半には前室部分に水が侵入し始め、少しずつ水位が上昇。
上に逃げるかどうか相談するが、すでに雨は小降りになったので
様子をみることに。1時を過ぎて水がだいぶひいてきたので、
安心して就寝・・・

ところがところが3時になって、海水浴の夢をなぜかみました。
そう、ビーチマットを海に浮かべてぷかぷかする夢。
寝ぼけて目覚めると、なんか体が揺れている。「あれ?今日は
エアマット持ってきていたっけ?」
そう、下にはエアマットは敷いておらず、銀マのみ。
テントはついに水にぷかぷか浮いていたのでした。
はからずもおいらの寝床はウォーターベッド状態。外はまだ
時折雨がふっている。
相棒の寝床はまだ床下浸水のようだが、おいらは床上。
もう面倒なので、このままふて寝。相棒が寝返りをうつと
おいらの床はゆらゆら揺れる。シュラフカバーをしているので
中には水は入ってこないが、めちゃくちゃ寒い。
ふて寝もできないが、起きて手をつくとそこから水がわきだす。
やっぱり横になっていた方が安定。
4時過ぎになって水がだいぶ引いてきて起き上がれるように。
大変な朝になってしまいました。
いろんなものがビチョビチョだが仕方ない。

月曜は晴れる予報だったのに、朝から天気イマイチ。
でも紅葉は綺麗だった。冷え切った体で遡行始めるが思うように
体が動かない。寒気が入ったのか外気もつめたく昨日より水に
つかるのが辛い。おまけに水もにごっている。
一番登山道に近いところで、遡行終了して登山道に出る。
薮は濃かったが、登山道の人が「こっちですよぉー」と親切に
コールしてくれた。11時半に登山道。
平が岳まで往復して下山。疲れた体に長い下山は疲れました。

Hぴろ、Iぽん
この記事のURL | 沢登り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。