スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
富士山で滑り納め&初スキー
- 2011/05/21(Sat) -
仙台からS井師匠が上京するってことで、O畑さんには申し訳ないが越沢から富士山に転進することに
この時期、ほぼ毎年滑り納めに来ていますが、今回は今シーズン頑張ってきたスキーで挑戦です。

早朝出勤したのに期初仕事のミッションプランなどが終わらず、結局集合時間を1時間遅らせて南町田に23時集合
となりました。
道の駅「すばしり」は新しいのは良いけど人が多いのでうるさいが、ローソンが近くにあって便利。
ちょっと寝坊して、6時すぎに起床。朝飯買ったりして、登山口出たのは8時近く。
上の駐車場からは、神社をまわらずに行ける道があり、最初の分岐を右に行くと真新しい避難小屋を経て正規の
ルートに合流。2400mぐらいから雪が残っている。ヤブを抜けてシール登高に切り替え。
師匠は石巻の激務で疲れがたまっているそうで、先に行ってくれと指示を受ける。
雪はふかふかのザラメスノーで、接着が悪く時折雪ごと滑ってしまい登りにくい。
真っ白な斜面を仰ぎ見るとすごい人数が登っている。
ルートはだんだんと右にまわっていき、吉田口と合流する近辺では団体の隊列がたくさん。ガイドツアーかも?
最後尾から登り始めましたが、13時にシールのまま山頂到達できました。
山頂もたくさんの人です!コンテの一般登山パーティーもいましたが、ほとんどがスキーヤーとボーダー達。
師匠に電話しても連絡つかないので、どうしようかとしばらく待機。13時半を過ぎてとりあえず降りることに。
須走下山口は鳥居よりちょっと南側。雪はお鉢から繋がっていました。
9合目のチョット下、3500m地点で登ってくる師匠と合流。登りルートより右側の雪渓がずっとつながっていて、
ギリギリまで滑降。2420mまで滑れました。山頂から45分でおしまい。あっという間でした。

記録
7:47 1990m 須走登山口駐車場(一番上の段)から板・ブーツをかついで出発
8:00 2090m 分岐(登りは右へ:下山は左から)
9:17 2480m シールに替えて再スタート
13:03 3720m 山頂
13:44 3710m シュート!
13:53 3490m 師匠と合流
14:03 3490m 師匠は山頂取りやめて、ここから滑り始める
14:28 2420m 滑走終了
15:14 1990m 須走登山口駐車場に戻る

メンバー
 師匠:S井氏(山スキー)
 おいら:Ipon(富士山で初めての山スキー)

◆シール登高でのペース
 標高3000mまでは高度差333m/h
 3000mを超えると徐々にペースが落ち、ラストの1時間は300m/hまでペースダウン。
 全体で328m/hでした。
 体力落ちてまんなぁー。
 2006年はツボですが、約650m/h。
 デナリ向けのトレーニング中の記録とはいえ、今は半分しかない (*.*)

◆今年の雪
 ほぼ毎年やっている富士山スキー、5月下旬で2400mまで雪があるとこみると今年は雪多いかも。

IMGP0023-s.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道遠征4日目-富良野岳BC
- 2011/03/07(Mon) -
Iぽん(スプリットボード)、Sっち(スプリットボード)
駐車ポイント(7:00)-(9:20)撤退ポイント(9:30)-(11:15)駐車ポイント

今日は東京へ帰る日なので早起きして早めに宿を出発する。
白銀荘へ入るT字路の所に車を止め、準備をして車道を100mほど下っていく。
入山ポイントからは昨日のものと思われるトレースがついていた。
沢を二回ほど渡り、密度の濃い樹林帯を上がっていく。
昨日から今日にかけてはそれほど雪が降らなかったようでトレースも割りとはっきり残っているので、
トレースに従い、ぐんぐん高度を稼いでいく。
ただし、ここ二日と状況は一緒で下は天気は悪くないのだが、
登っていくにしたがって視界は徐々に悪くなっていく。
疎林になってからは風も強くなってきた。標高は丁度1600m。
とは言え初日の十勝岳の状況と比べてもまだ上に行けない事もない。
ただ、三日共に同じような状況で2人ともなんとなく精神的に萎えてしまった。
という訳でここから降りることに決定。

最初はジャイアント尾根と北尾根の間の沢に向かって滑っていく。
ここはかなり雪のコンディションが良く、そんなに長くはなかったが、今回一番の滑りが出来た。
そのまま滑っていくと沢のボトムまで下ってしまったので、
一回板を脱いで坪足で北尾根に乗る。
再度ボードでトラバース気味に尾根を進み、最終的に登りのトレースに乗って渡渉ポイントにつく。
板を脱いで沢を渡って車道を駐車スペースまで戻って終了。

早々に白銀荘に戻って、風呂につかりのんびりしていると天気はどんどん良い感じに。。。
十勝岳か?前十勝か?わからないけど山頂の方が綺麗に見えた。
まぁ、今回はなんとなく全体的にツキがなかった。
行こうと思えば先に行けたのかも知れないが、無理に突っ込んでも意味がない。
BCでの北海道遠征は4年ぶりだった。
今度は何年後になるかわからないけど今度来た時はどれか一つでも山頂を踏めればと思う。

トラックデータ。赤が登りで青が下り
20110307_富良野岳BC


この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道遠征3日目-カミホロカメットク山BC
- 2011/03/06(Sun) -
Iぽん(スキー)、Sっち(スプリットボード)
入山ポイント(8:50)-(11:30)撤退ポイント(11:40)-(13:25)入山ポイント

朝、宿から天気を見ると昨日と同じ具合でそれほど悪くない。
車に荷物を積み込んで十勝岳温泉に向かって車道を登っていく。
車で登っていくと天気が徐々に良くなっていく。今日はいけるか?
車道の終点で車を停めて準備していると他にも数組入山しているようだ。
入山ポイントからは標高差30m程の崖のような所を板を担いで降りていく。
沢の水流が浅いところを渡り、すぐに板をはく。
しばらくは先行グループのトレースを使わせてもらい距離を稼ぐ。
天気は日もさして暑いくらいになってくる。
どうも先行は大人数の1グループらしく、しかも結構高齢グループの様子。
早々に休憩しているところを抜いて、くるぶしより少し上ほどのラッセルとなる。
少々の急斜面を登った後、化物岩の手前あたりでこの先の斜面の状態が良くなさそうなのでスキーアイゼンをつけつつ休憩する。

休憩をしていると少しずつだが雲が増えてきている様子。
程なく追いついてきた先程の大グループはここから降りるようだ。
なんとなく昨日と同じような感じになってきたかな。。。
それでも風はほとんどないのでとりあえず進んでいく。
沢の源頭部をそろーりとすばやく渡り、左に八ツ手岩が大きく見えるあたりで
風も結構出てきて視界が悪くなってくる。
昨日の十勝岳と違って、まだこの先に行けない訳でもない。
ただ、この先天気が回復しそうな感じもないし、だとするとまた滑れる斜面をアイゼンで下ってくる羽目になる。
結局ここで下る事にし、ボードに付け替える。
下りは登ってきたルートとは違い、しばらくは沢の左岸をトラバース気味に進む。
沢はすぐに斜度が緩くなってきたのでボードだと辛くなってくる。
ついにはストックを使っても止まってしまうようになってしまい、視界も悪くなってきたので、
一旦スキーに換えて登ってきた道に登り返していく。
登ってきたルートに戻り、再度ボードに換えて他のグループの滑走トラックを頼りに再度沢沿いを下っていく。
やはりほとんどは斜度が緩い場所なのでストックでこぎこぎしながらやっとこさ徒渉ポイントに到着。
ザックにボードをくくりつけ、崖を登り返して入山ポイントに到着。

またまた山頂へは行けず。。。
明日は巻き返しなるか?

トラックデータ。赤が登りで青が下り
20110306_カミホロカメットク山BC

この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道遠征2日目-十勝岳BC
- 2011/03/05(Sat) -
Iぽん(スキー)、Uさん(スキー)、Sっち(スプリットボード)
白銀荘(8:15)-(8:35)渡渉ポイント-(10:05)十勝岳非難小屋(10:35)-(12:15)撤退ポイント(12:50)-(13:40)十勝岳非難小屋(14:30)-(15:30)渡渉ポイント-(16:00)白銀荘

Iぽんと2人で登る予定だったがぶなの会のUさんがたまたま近くにいて今日合流できるという事だったので、
一緒に登る事に。3人で十勝岳を目指す。
朝から天気は降ったりやんだりの曇り時々雪。風がないだけまだましか。。。
白銀荘からは林の中をすすみ、渡渉ポイントに到着。
水は出ているが、渡れそうな所を選び問題なく進む。
ここら辺では視界も良く、下の町の方が見渡せた。
ここからは夏道を使わず、昭和火口を直線的に目指す。
しばらくすると左側に非難小屋が見える。
当初非難小屋に寄る予定はなかったが、時間的にも休憩にちょうど良いので寄ることにした。
入口は少し埋まってたけどスコップで掘り出し中に入る。
非難小屋の中は結構綺麗で快適。ここで栄養補給し、しばらく休む。

非難小屋から出ると風はそうではないものの視界が悪くなっている。
とりあえずは昭和火口を目指して進めるところまで進む。
ここら辺は夏道を使わずトップで進んで行くが、膝ほどのラッセルが続く。
上がっていくごとに徐々に風も強くなっていき、視界は良くなる気配はない。
どこに向かっているかわからないほどの視界の悪さだが、GPSから判断するとほぼ夏道に合流しているようだ。
岩出ており、表面もかなり硬いのでスキーアイゼンをつける。
Uさんは今回スキーアイゼンを持ち合わせていないのでアイゼンで登る。
昭和火口を過ぎたあたりでスキー、ボードをデポして山頂を目指そうとするが、時間は12:30くらい。
風があまりに厳しく、視界もかなり悪いので、無理をせずここで撤退する事にした。
スキーとボードはザックに背負い、全員アイゼンで下っていく。
視界が良ければ最後の夏道の岩が出ているところ以外は滑って楽しそうな感じだったのだが、
この視界ではしょうがない。。。
下りに夏道を使い、1時間弱ほどで非難小屋に戻った。

非難小屋で天気回復を祈ってのんびり休憩するが、相変わらず回復する気配がないのでしょうがないので視界不良のまま降りる事にする。
ここからは斜度もゆるく厳しいところもないということでスキー・ボードで降りる。
雪が深いのでスピードが出ず、直線的に下っていく。
ほぼ夏道沿いに下っていったので、登りよりも西側でボードを降りてシールに変える。
この辺では視界もそれなりに戻っていたのでのんびり白銀荘に戻る。

山頂出来なかったのは残念だがあの視界と風ではどれだけかかったかもわからないし、
危険も高かったと思うのでしょうがない。
またいつかチャレンジしたい。

トラックデータ。赤が登りで青が下り
20110305_十勝岳BC
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北海道遠征1日目-旭岳ロープウェイ(ゲレンデ)
- 2011/03/04(Fri) -
Iぽん(スプリットボード)、Sっち(スプリットボード)

Iぽんと朝一番の羽田発旭川行きの飛行機で9時頃に旭川空港に到着。
空港でレンタカーを借りてそのまま旭岳ロープウェイに向かう。
旭岳ロープウェイより旭岳を目指すつもりだったが、
ロープウェイ山頂駅より上は風もあり視界も悪いので、
山頂駅に荷物を残致し、ゲレンデを滑りながらチャンスを伺う。
が、下の天気は悪くないものの上の天気は回復する見込みもなく、
無理をして上に登っても楽しくなさそうなのでこの日はゲレンデだけで終了。
富良野へ移動し、食料を調達して白銀荘に宿泊。
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。