スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ワンデー鹿島槍東尾根
- 2010/04/25(Sun) -
ワンデー鹿島槍東尾根
4月25日 ワンデーで鹿島槍東尾根に行ってきました。

先週は1泊2日で計画したが、明け方まで降雪があったおかげでコンディション悪く敗退。
今回はそのリベンジ計画だが、荷を軽くしてワンデーアタックを計画した。


3時に大谷原出発。先週下降に利用した谷筋を稜線まで詰める。右岸は中間部あたりで行き詰るので注意。その後は締まった雪(先週とは大違い)を順調に進み一ノ沢ノ頭に。前方、二ノ沢ノ頭には前日幕営していたパーティーが見えた。

二ノ沢ノ頭に着くと第二岩峰に向かってトラバース中のパーティー、第一岩峰に向かっているパティーなどが見えた。我々も小休止後第一岩峰に。第一岩峰では、先行パーティーが雪壁を登っている。幕営具が重く大変そう。荷を軽くしてのワンデーアタックは正解だった。少し待つが、我々は先行パーティーのルートを避け、その右のブッシュのある岩稜部を登った。多少脆い所もあったが、荷が軽ければ何の問題もなく登れる。上部までは2ピッチでザイル解除。二ノ沢ノ頭までは急な雪壁を登りとトラバースで進む。

ここは先行パーティーが完全に抜けるのを待ってから登攀開始。核心のチムニーは足元に雪が詰まっているせいか簡単に登れた。ザイルの流れを考え2ピッチで終了。アプローチが長い割りに短い岩登りであった。

快晴の中、雄大な展望を堪能しつつナイフリッジを進んで10時50分に北峰着。

下山は北俣本谷を選択。雪が腐り始めていたので滑落対策のため暫くはザイルを出して下降。下部はデブリの中先行パーティーのシリセド跡を活用させていただいて快適&愉快に下山。大谷原には15時に戻ることが出来た。
メンバー:Ipon、Hぴろ(記:Hぴろ)
スポンサーサイト
この記事のURL | 雪稜・冬季登攀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。