スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
富士山で滑り納め&初スキー
- 2011/05/21(Sat) -
仙台からS井師匠が上京するってことで、O畑さんには申し訳ないが越沢から富士山に転進することに
この時期、ほぼ毎年滑り納めに来ていますが、今回は今シーズン頑張ってきたスキーで挑戦です。

早朝出勤したのに期初仕事のミッションプランなどが終わらず、結局集合時間を1時間遅らせて南町田に23時集合
となりました。
道の駅「すばしり」は新しいのは良いけど人が多いのでうるさいが、ローソンが近くにあって便利。
ちょっと寝坊して、6時すぎに起床。朝飯買ったりして、登山口出たのは8時近く。
上の駐車場からは、神社をまわらずに行ける道があり、最初の分岐を右に行くと真新しい避難小屋を経て正規の
ルートに合流。2400mぐらいから雪が残っている。ヤブを抜けてシール登高に切り替え。
師匠は石巻の激務で疲れがたまっているそうで、先に行ってくれと指示を受ける。
雪はふかふかのザラメスノーで、接着が悪く時折雪ごと滑ってしまい登りにくい。
真っ白な斜面を仰ぎ見るとすごい人数が登っている。
ルートはだんだんと右にまわっていき、吉田口と合流する近辺では団体の隊列がたくさん。ガイドツアーかも?
最後尾から登り始めましたが、13時にシールのまま山頂到達できました。
山頂もたくさんの人です!コンテの一般登山パーティーもいましたが、ほとんどがスキーヤーとボーダー達。
師匠に電話しても連絡つかないので、どうしようかとしばらく待機。13時半を過ぎてとりあえず降りることに。
須走下山口は鳥居よりちょっと南側。雪はお鉢から繋がっていました。
9合目のチョット下、3500m地点で登ってくる師匠と合流。登りルートより右側の雪渓がずっとつながっていて、
ギリギリまで滑降。2420mまで滑れました。山頂から45分でおしまい。あっという間でした。

記録
7:47 1990m 須走登山口駐車場(一番上の段)から板・ブーツをかついで出発
8:00 2090m 分岐(登りは右へ:下山は左から)
9:17 2480m シールに替えて再スタート
13:03 3720m 山頂
13:44 3710m シュート!
13:53 3490m 師匠と合流
14:03 3490m 師匠は山頂取りやめて、ここから滑り始める
14:28 2420m 滑走終了
15:14 1990m 須走登山口駐車場に戻る

メンバー
 師匠:S井氏(山スキー)
 おいら:Ipon(富士山で初めての山スキー)

◆シール登高でのペース
 標高3000mまでは高度差333m/h
 3000mを超えると徐々にペースが落ち、ラストの1時間は300m/hまでペースダウン。
 全体で328m/hでした。
 体力落ちてまんなぁー。
 2006年はツボですが、約650m/h。
 デナリ向けのトレーニング中の記録とはいえ、今は半分しかない (*.*)

◆今年の雪
 ほぼ毎年やっている富士山スキー、5月下旬で2400mまで雪があるとこみると今年は雪多いかも。

IMGP0023-s.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。