FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白馬無名沢BC
- 2011/01/23(Sun) -
山域/山名:白馬無名沢
日時:2011年1月23日
ルート:八方池山荘(9:25)-(10:45)八方池-(11:10)ドロップポイント(12:05)-(13:25)滝上部-(17:45)二股
メンバー:Iぽん(リーダー)、Tブー、Hぴろ、Sっち

1月22日
Iぽんと二人で鹿島槍スキー場で練習。
Iぽんはスキーでこちらはスプリットボード。
スプリットボードはやはり重いがその分安定性が増すのでゲレンデで滑ってる分には悪くない。
あとは明日の本番でどうなるか。
白馬に移動してみそらの地区の安宿に宿泊。

1月23日
夜中のうちに白馬に到着していたTブー、Hぴろと合流。
去年1月のガラガラ沢のメンツと同じになる。
去年は出だしが遅かったので今年は早くに出発し、二股に1台車をデポした後に八方尾根の駐車場に駐車。
ゴンドラ開始直後に乗り込み、9時前には八方池山荘に到着。
八方池山荘で準備後、9:25に出発。

視界はさほど良くはないが、風はそんなに強くない。
くるぶしからふくらはぎ程度のラッセルの中、先頭を交代しながら順調に進む。
途中スプリットボードのクライミングヒールが壊れるトラブルがあったものの、
11:10頃には今回のドロップポイントとなる標高2170m付近に到着。
本来の無名沢のドロップポイントとなる2361ピークまで登るか議論したが、
ここからの登高がややきついことと、このポイントからドロップインしても
問題なく楽しそうなのでここからスタートすることに決定。

ピットチェックと食事に1時間ほど費やし、12:05頃にドロップイン。
登っている感じからしてパフパフのパウダーが楽しめると思っていたのだが、
雪が深すぎる上に重いので思ったより全然進まない。。。
重いスプリットボードであること、今シーズン一発目であることを考慮してもかなり厳しい滑りになる。

それでも動画や写真を撮影しつつ、唐松沢出合を過ぎてすぐ13:25頃に滝上部に到着。
滝は表面上は凍っているものの、耳を近づけると水流の音がする。
登り返して右岸を高巻いて滝を回避。
その後も例年であれば埋まっているはずの箇所が埋まってなかったりと、
Iぽん曰く、今までの中では厳しい方だとのこと。
堰堤は水流も問題なさそうなので中を通過し、
湯ノ入沢の渡渉点はスノーブリッジが出来ていたのでスキーのまま通過。
林道に復帰してからもしばらくはトレースもなく傾斜もないのでてくてく歩き続ける。
ガラガラ沢からのルートと合流してからはトレースもあるので滑って行くことが出来たが、
二股についたころにはヘッドライトを使わなければならないほど暗くなっていた。

スプリットに慣れていないことや雪質が思っていたより重かったことを考えても、
今回は他のメンバーに迷惑をかけてしまった。
もっと体力、基礎技術をアップしてスピードをあげられるようにしなければ。。。

去年のガラガラ沢よりはスピード感がない気がする。。。


トラックデータ
20110123_白馬無名沢BCトラックデータ


(記:Sっち)
スポンサーサイト
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<平標山ヤカイ沢BC | メイン | スプリットボード導入!!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://grappamc.blog47.fc2.com/tb.php/21-8113e81d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。