スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北海道遠征2日目-十勝岳BC
- 2011/03/05(Sat) -
Iぽん(スキー)、Uさん(スキー)、Sっち(スプリットボード)
白銀荘(8:15)-(8:35)渡渉ポイント-(10:05)十勝岳非難小屋(10:35)-(12:15)撤退ポイント(12:50)-(13:40)十勝岳非難小屋(14:30)-(15:30)渡渉ポイント-(16:00)白銀荘

Iぽんと2人で登る予定だったがぶなの会のUさんがたまたま近くにいて今日合流できるという事だったので、
一緒に登る事に。3人で十勝岳を目指す。
朝から天気は降ったりやんだりの曇り時々雪。風がないだけまだましか。。。
白銀荘からは林の中をすすみ、渡渉ポイントに到着。
水は出ているが、渡れそうな所を選び問題なく進む。
ここら辺では視界も良く、下の町の方が見渡せた。
ここからは夏道を使わず、昭和火口を直線的に目指す。
しばらくすると左側に非難小屋が見える。
当初非難小屋に寄る予定はなかったが、時間的にも休憩にちょうど良いので寄ることにした。
入口は少し埋まってたけどスコップで掘り出し中に入る。
非難小屋の中は結構綺麗で快適。ここで栄養補給し、しばらく休む。

非難小屋から出ると風はそうではないものの視界が悪くなっている。
とりあえずは昭和火口を目指して進めるところまで進む。
ここら辺は夏道を使わずトップで進んで行くが、膝ほどのラッセルが続く。
上がっていくごとに徐々に風も強くなっていき、視界は良くなる気配はない。
どこに向かっているかわからないほどの視界の悪さだが、GPSから判断するとほぼ夏道に合流しているようだ。
岩出ており、表面もかなり硬いのでスキーアイゼンをつける。
Uさんは今回スキーアイゼンを持ち合わせていないのでアイゼンで登る。
昭和火口を過ぎたあたりでスキー、ボードをデポして山頂を目指そうとするが、時間は12:30くらい。
風があまりに厳しく、視界もかなり悪いので、無理をせずここで撤退する事にした。
スキーとボードはザックに背負い、全員アイゼンで下っていく。
視界が良ければ最後の夏道の岩が出ているところ以外は滑って楽しそうな感じだったのだが、
この視界ではしょうがない。。。
下りに夏道を使い、1時間弱ほどで非難小屋に戻った。

非難小屋で天気回復を祈ってのんびり休憩するが、相変わらず回復する気配がないのでしょうがないので視界不良のまま降りる事にする。
ここからは斜度もゆるく厳しいところもないということでスキー・ボードで降りる。
雪が深いのでスピードが出ず、直線的に下っていく。
ほぼ夏道沿いに下っていったので、登りよりも西側でボードを降りてシールに変える。
この辺では視界もそれなりに戻っていたのでのんびり白銀荘に戻る。

山頂出来なかったのは残念だがあの視界と風ではどれだけかかったかもわからないし、
危険も高かったと思うのでしょうがない。
またいつかチャレンジしたい。

トラックデータ。赤が登りで青が下り
20110305_十勝岳BC
スポンサーサイト
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<北海道遠征3日目-カミホロカメットク山BC | メイン | 北海道遠征1日目-旭岳ロープウェイ(ゲレンデ)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://grappamc.blog47.fc2.com/tb.php/24-f6d65f3b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。