FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
巻機山 山スキーと山ボード
- 2010/04/03(Sat) -
■巻機山 山スキー
2010/4/3(土)晴れ
メンバー:Nんた(山スキー)、Ipon(山ボード)

04:30川崎を出発
08:00清水到着
09:10清水・巻機山登山口~井戸尾根
13:30ニセ巻機山
14:15巻機山頂上
14:30滑降開始~米子沢
15:30清水・登山口

 例によって、グロッキー状態で週末を迎える。仮眠して土曜日早朝出発。寝不足で気分が悪い。
 今回は、米子沢の滑降が目的だ。大滝が埋まっているか心配。前日、民宿「雲天」に電話し、その日宿泊していたガイドの方に現地の雪の状況を教えてもらったが、雪は例年並か、多目のようだ。
 登山口の前後には、ズラッと車が停めてある。巻機山は、相変わらず人気、沢山の人が入っているようだ。我々も支度して、登山口から井戸尾根を目指す。井戸尾根の井戸の壁と呼ばれる中腹は結構急で、ジグザグにシールで登るより、この時期はツボ足が決まるので、私はさっさとスキーを腰からひきずって登った。
 急斜面から右側に雪庇の出た稜線に出ると、傾斜が緩くなるので、スキーをはく。右手下に米子沢が良く見える。沢床に大きなデブリが...大滝のあたりか。しかし、そのほかはしっかり埋まっているように見える。
 寝不足と疲れとで体が重い。この日は気温が高く、日が照りつけて脱水症状気味になった。テルモスの他にペットボトル500mlしか持ってこなかったので、雪で増やしながら飲む。冷たいくらいが美味しい。
 細い疎林の緩い斜面をぬけると、ニセ巻機山まで、広いバーンが続く。何だか遠く感じる...本当に頂上に着けるのかなぁ、と自信なさげに足を進める。ニセ巻機頂上手前は、大きく右に巻いてシールのまま登っても良い(凍っている場合は注意)し、この時期ブッシュが出ている稜線最短距離を、スキーを担いで登っても早い。
 ようやくニセ巻機山にあがると、Iponは巻機山の頂上に着いていた。私はそれから遅れること1時間。Iponが行動食を食べ尽くすほどに待たせてしまった...。標準タイムは4時間。今回私は5時間もかかったので、かかりすぎです。
 今回Iponはボード、Nんたはスキー。巻機山の頂上直下の大バーンを、大きなターンで、米子沢源頭目指して滑り込む。さすがナメの沢だけあって、大変快適な沢床だ。ビー玉よろしく、沢床を右に左に楽しく快適に滑降できる。 中ほどまで滑ってきたところで、我々の50mほど前の左岸からブロック雪崩があり、冷蔵庫なみのブロックが数個落ちてきて、少々ヒヤっとしたが、頭の上にも気をつけつつ、スピーディーに通過。
 大滝は、埋まっていたが、右岸から水は出ていて、沢の下には亀裂が出来ていてかろうじてつながっているところを、慎重に渡った。(まだジャンプも可能。)おそらく次の週末は、さらに大きく開くだろうが、左岸を高めにスキーで巻くことは可能と思われる。ロープなどは持参していたが、たいしたこと無くて助かった。
 あとは、清水の登山口までずっと雪がつながっており、スキーのまま行ける。休憩を含めても、滑降はジャスト1時間とあっという間で、登りに5時間もかかってしまったのが何だか納得いかないが、でも、やめられないのですね、これが。
 今宵の宿の民宿「雲天」は、珍しく我々の貸切だった。清水の部落もこのご時世でお客が減り、民宿も「雲天」の他5件に減ってしまったそうだ。夕食の後は囲炉裏端で、女将さんにお茶を頂きながらお話を聞かせていただいた。
 翌日は、割れ引き沢を滑る予定だったが、夜半から雨が降り出し、朝は濃い霧となって、あえなく断念。女将さんとご主人と囲炉裏端で朝ごはんをご一緒し、帰りにフキノトウを摘んで、ゆきぐらのお酒「巻機」(雪室に入れてまろやかさを出しているそうです)を購入し、桜が満開の中、帰宅した。
 帰宅後は言うまでも無く、早速フキノトウの天ぷらを肴に、ゆきぐらのお酒を楽しみました。

(記 Nんた)
スポンサーサイト
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ワンデー鹿島槍東尾根 | メイン | 会津駒ヶ岳 山スキー>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://grappamc.blog47.fc2.com/tb.php/5-8d7c5852
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。