FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
会津駒ヶ岳 山スキー
- 2010/03/27(Sat) -
■会津駒ヶ岳 山スキー
2010/3/27(土)晴れのち雪
メンバー:Nんた、Ipon(山スキー)

5:00川崎を出発
10:10桧枝岐村着
11:10滝沢橋登山口
15:00駒の小屋(休憩40分)
15:50会津駒ヶ岳頂上、滑降開始
19:10滝沢橋登山口着

 年度末で忙殺され、金曜夜に出発できず、仮眠してから早朝川崎を出発することに。途中、Hぴろさんを拾っていくつもりが、首都高を走っている頃に「大変なことに...今起きたばかりです...」と電話がかかってきて、ピックアップ不可能になってしまった。
これで、駒の小屋に宿泊する案は無くなり、夕方桧枝岐の民宿で落ち合うことになった。
 車で走りながら、目星をつけておいた桧枝岐村の民宿「駒口」に予約を取り、到着すると、女将さんが「あがってお茶でも」と、蒸したての抹茶レーズン蒸しパンと美味しいお茶を出してくださった。
 すっかり日が高くなった頃に、登山口からシールを着けて、出発。空は真っ青な快晴なのに、桧枝岐村も風が強い。林道沿いに行くとかなり遠回りなので、林道をショートカットして沢をつめ、まっすぐ尾根に取り付く。
 下部の沢の急登は、太陽に照らされて、ざらざらの雪にスキーが深くもぐり、キックターンに苦労する。斜度がきついのは、この下部の取り付きのみ。尾根に乗ってしまえば、今度は雪質がガラリと変わり、シールがよく利く。風も吹き付ける。
 急な尾根を越えると、テレビアンテナの台地に出る。ここから上は季節風の影響を受けるので雪庇がある。ルートはわかりやすくなるが、右側は雪庇が出ている。(下部は下りの方がルートがわかりにいかも)
 駒ノ小屋の手前で、樹林が消え、ポール沿いに行けば迷わない。我々が樹林帯を抜け出た時は、視界がおそらく40-50m程度。ポール(おそらく10m間隔)があるので助かる。ポールを頼りに黙々と歩き、丘を越えるといきなり駒の小屋に出る。
 小屋は2つあって、左はトイレ、右が宿泊棟。宿泊棟は右の方からまわりこんで入れる。女将さんに「中に入って」と招き入れられ、ストーブにあたらせてもらう。駒ノ小屋は快適そうだった。石油ストーブの上の大鍋で、みんなで交代で水を作っていた。カセットガスコンロも貸してくれるようだ。
 私が遅いので、Iponは待ちくたびれ、GPSを頼りに、ホワイトアウトの中、翌日キリンテルートを滑るために、富士見尾根の偵察にまで足を延ばしたもよう。
 小屋から山頂は近いが、全く目印が無く、赤布が必要なくらいのっぺらぼう。土曜日はホワイトアウトだったので、GPS必携だった。2006年にホワイトアウトで道に迷って、会津駒日帰りの予定だった山スキーの方が、亡くなられていますので注意が必要です。(この方を、英明さん・敦子さん・佐田さんが梵天岳で発見されました。)
 我々は、はぐれないように、ワンターンずつ確認しながら、無線で連絡を取りながら少しずつ下りる。樹林の無い頂上直下の大バーンは、氷板の上の雪が乗った少々滑りにくい斜面だが、晴れていたら、さぞかし快適だろうなぁ、と思う。ホワイトアウトがきつくなり、上下左右がわからなくなるような感覚で、酔ってしまう。途中、気持ち悪くなって、何度か立ち止まる。
 さらに、1900m地点でIponがサングラスを落としてしまって、探しに登り返したり、時間を食ってしまう。(かなり雪が降っていたので、あっという間に、わからなくなってしまった。)このあたりは、雪質はパウダーに近く大変良い。
 1800mで右岸をトラバース気味に滑降しながら尾根に戻る。登ってきた尾根を滑降するも、尾根上は風の通り道でもあり、気温が低く雪面が固くしまって、変化も大きく少々滑りにくい。
 尾根の下部の斜度のきついところまで下りてきて、ヘッデンになってしまった。このまま尾根上を滑ると、夏道では登山道上になるが、尾根幅が狭いので、雪庇の地点で回り込んで、滑降が簡単な尾根(上からみて)左の林道を目指して下りることにする。首尾よく林道に下り、途中デブリで何箇所かふさがれた林道をくねくねと滑降し、登山口に戻った。予感はあったが、久々のヘッデン滑降となってしまった。
 民宿「駒口」に戻ると、Hぴろさんが浴衣姿ですっかりくつろいでいた。待たせていたので、夕食を先に済ませようとしたが、女将さんが「温泉入って疲れ取ってからにしたら」と促してくださり、お言葉に甘えて夕食をゆっくり取らせてもらった。
 民宿「駒口」のご主人は熊射ちをなさっているそうで、広間には大きなツキノワグマが壁にかけてある。夕食も熊肉の煮物やウサギの炊き込みご飯、山菜とサンショウウオのてんぷら、桧枝岐名物のお蕎麦...と郷土色豊かな美味しいお食事で、気配り上手の女将さんに大変良くしていただき、改装したての清潔な民宿で、大満足でした。


■大戸沢岳~桑場小沢 山スキー
3/28(日)くもり後雪
Nんた、Ipon、Hぴろ(山スキー)

9:00 スノーシェッド横から入山
13:30大戸沢岳~14:00桑場小沢滑降開始~16:00下山

 前日あがった駒の小屋で、地元の方に、大津岐峠~キリンテ沢の滑降は良いが、会津駒~富士見尾根~大津岐峠は、あまり良くない、とのことで、下大戸沢の滑降を勧められ、前週の小川さんパーティーの「メッケものの一本」との報告にもそそられて、急遽、行き先変更する。ヤマケイに掲載された影響もあり、我々の他にも、4パーティーが同時に入った。
 我々は、すぐに尾根の末端に取り付き、尾根上にのっかる。下部が少々斜度がきついが、雪が良く、シールがよく利く。昨晩、車にも雪が積もっていて、おそらく下の方でも5~10センチ程度は、降ったようだ。男性2人に全く追いつけず、私は自分のペースで行かせてもらう。
 ひたすら天に昇っていくような、ぶなの明るい尾根が気持ちよい。1553mのピークの地点で、単独1名と1パーティが滑降していくのが見えた。さらに最後の登りをがんばると、広い頂上に到着。
 さぁーて、この広いバーンを、思いっきり滑るよー!と、思った矢先、ガスが濃くなり、しばし、ガスの切れ目から位置を確認すること数分。3人はぐれないよう、無線交信しながら目標物を決めて、下りていった。広く、木もまばらな明るい源頭で、とても気持ちよい。
 あっという間に沢床に滑り下り、小川さんの報告から、最後は右岸、を意識しすぎて、早く右岸に渡りすぎ、行きづまる。結局、左岸に渡って、Nんた片方のブーツに浸水し、最後に右岸に渡渉して、両足浸水。車に戻ったら、雪が大降りとなった。我々が追い越した2パーティーは、すでに車がなかったので、登頂せず、尾根を滑って下りたのだと思われる。
 桧枝岐の駒の湯で、冷えた体を暖め、十割蕎麦ときのこ汁を食して、帰途についた。久々に「滑った!」感のある一本でした。


(記 Nんた)
スポンサーサイト
この記事のURL | バックカントリー(山ボード・山スキー) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<巻機山 山スキーと山ボード | メイン | 白馬ガラガラ沢BC>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://grappamc.blog47.fc2.com/tb.php/6-fabfeb0c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。